もっちゃん伝授!稼げる女の指南書

初心者デリヘル嬢向け〜ベテラン嬢に聞いた指名客に変える上手な断り方〜

貴女なら、どのように断りますか?

こんにちは^^ただいま、15時おやつタイムです^^
さっき赤いきつねを食べたばかりなのに、おやつタイムにはしっかり栄養補給する、健康第一もっちゃんです。
女性の大敵!糖質だってしっかり栄養に変えるんだ!

という事で、今回は前回に続きまして、デリヘル求人のお仕事で、本番行為を誘ってくるお客さんに対して、上手に断り、更に指名客に変えてしまう!
上手な断り方についてお話しますね。

そのようなお客さんに対して、貴女ならどのようにお断りしますか?
「禁止事項だからダメです!」と真面目に答えてしまいがち。

別にそれでも良いは良いのですが、断り方によっては、場の雰囲気が悪くなってしまうことがあります。
それではどうすればよいのでしょう?

ほとんどのお客さんは、冗談っぽくダメモトで言ってくる事が多いので、、そこをうまく切替す方法をしっておくと何かと楽なんですね。

場合によっては、逆に「この子は良い子だ」と思われ、次回以降の本指名につながる可能性だって十分にあるんです。

という事でこんなふうに断ってみるのはいかがでしょうか?

頑張っている良い女の子を演じる

「ごめんね〜♥これはお店の決まりだから、ぜ〜たい禁止なの♥」「そ・の・か・わ・り・わたしができるコト、精一杯がんばるからね♪」と笑顔で答える

このかえしは、雰囲気を悪くする事なく、頑張っている女の子を演じる事ができるので、それ以上しつこく言ってくる事が少なくなります。

むしろ、この後の接客を頑張る事で、それが逆に「この子は頑張る良い子だなぁ」と次回以降の本指名に繋がる可能性も高くなります。

ぜひ、頑張る子、可愛らしい子、守ってあげたい子を演じて見て下さい。
特に、風俗慣れしていないお客さんには効果絶大です♪

男性の自尊心と心理をうまく利用する

「○○さんがそんな事いうなんて〜…」「そんなこと言うような人にはみえない〜」と冗談っぽく言う。

このかえしは、自分はこの子に良い客だと思われたい、いい人だと思ってもらいたい、となど、男性の自尊心をくすぐる作戦です。
ただ真顔や嫌な顔では言わず、あくまで冗談っぽくいう事がポイントです。

男性はやはり女性には好かれていたいと思うものです。
ましてや好みの女性なら尚更。きちんとした人だと思われたいものなんです。

なので、男性が勝手に良いお客になろうとしてくれる傾向にあるので、その場の空気を悪くすることもなく、それ以上しつこく迫ってくる事も少なくなります。

それと、プレイ終了後、「○○さんって、やっぱり紳士的で良い人でよかった♪」などと言ってあげると、男性はどこか嬉しくなり、次回以降の本指名に繋がる可能性もあり、それに加え、次回指名してくれた時にも、良い人のまま来てくれますので、お仕事も楽チンです♪

お客さんも、普通の男性です。
好かれたい、嫌われたくない、嬉しいという感情がたっくさんあります。
その心理をうまく利用し、禁止事項を断るだけでなく、貴女自身がお仕事しやすい指名客に変えてみて下さいネ☆
それができたら、このデリヘル求人のお仕事で高収入を稼ぐ近道になるでしょう。

追記:わたしが思うに、男性より女性の方が、「ウワテ」です。上手に女を利用して、また、あの子に逢いたいな、と思わせる接客を目指しましょう。

-more-

続きを読む

初心者デリヘル嬢向け〜「本番行為」に誘われた時の対応と方法〜

こんにちは^^
昨日、スマホを無くしたのですが、意外とそんなに困らない事に驚きを隠せない、アナログ人間のもっちゃんです。
今日は清々しいお天気でキモチイイですね。
そんな日は、記事もスラスラかける気がします^^

さて、本日は、このデリヘルのお仕事をする上での心配事のひとつ、「本番行為は持ちかけられたら?」についてです。

箱ヘルス、デリヘル、ホテヘルなどのヘルス系のお仕事を考えている、またスタートしたばかりの女性だと、お客さんからの本番行為を持ちかけられる事に驚いたり、不安に思っている方も多いと思います。

そうした本番行為を誘ったり、強要する事は絶対にやってはいけない禁止事項なのです。
もちろんお客さんもダメな事はしっているのですが、やはり、二人きりになって、プレイも盛り上がってくると、ついつい、誘いたくなる方もいるようです。

中には、真面目に受け止めすぎて、プレッシャーを感じ、お仕事を辞めてしまう女性ももいるようなので、今回は、そうした「本番を誘われた時」どうやってお断りするか?という対応方法をお話しします。

先ほどもお話しましたが、けっこうなお客さんが、「本番行為」を持ちかけてくるお店もあるようです。
お仕事をスタートしたばかりの女性であれば、尚更、驚くと思います。

そこで、まず女性が理解しておくべき事は、この「本番行為を持ちかけられる」という事を、まったく真意に受け止めなくても良いという事です。
ある意味「挨拶」くらいに思ってもらうと気が楽で良いかもしれません。

なぜかというと、ほとんどのお客さんは、実は「ダメモト」で冗談っぽく言ってくる事がほとんどなんです。
なのではっきり言ってプレッシャーや不安を感じる必要なんてまったくありません。

また、マンガやテレビの一コマのように…力づくで…無理やり…なんて事は、まずありませんので、ご安心ください。
そんなの完全な犯罪ですので、さすがに一般のお客さんがそんな事をする事なんてまずありませんし、少しでも怖い、しつこいと感じたら、お店に連絡すれば一件落着です。^^

お客さんも健康な男性なら、ついつい冗談っぽくダメモトで聞いてくる程度に考えて、まともに取り合う事なんて一切必要はありません。
ダメなものはダメ!でOKです。

あとは、いかにキモチよく断って次回の指名に繋げるかが、指名獲得の大切なプロセスになってくるのです。

このデリヘルのお仕事もれっきとした接客業です。
中には、褒めころし、お金のハナシなどなど、甘い言葉で貴女を誘惑してくるお客さんもいるかもしれません。

ですが、そんな時こそ、ビジネスである!という意識をしっかり持ち、流されることなく、自身のできるサービスを一生懸命する事で、真面目な貴女に惹かれ、ちゃんと指名のお客さんがついてくるようになるので安心して下さい。

それでは今回はここまで^^
次回は引き続き、「本番行為」を誘ってくるお客さん層とその対策について更に詳しくお話していきたいと思います。
ぜひ、またチェックしに来てくださネ☆

-more-

続きを読む

断り上手はお仕事上手〜デリヘルのお仕事初心者の為の対処法〜

優良店は、しっかりとした対処法を指導します。

こんにちは^^
最近は外食を控え、お昼はどん兵衛の赤いきつねばかりを食しているのになかなか痩せない、もっちゃんです。
きつねに憑りつかれていると思うくらいに、赤いきつねにハマっています。
ホント、美味しいんですよね、アレ^^
多くの人に愛される定番の味ですね。

当店もそんな赤いきつねに負けないくらい、多くの人に末永く愛される確かな店作り、そして、お仕事をする女性達が安心して働けるデリヘル求人、店舗作りに努めていきたいと思います。

さて、本日は前回に続き、デリヘル店での禁止行為、「本番行為への誘い」について、その客層と対処法についてお話していきます。

基本、ほとんどのデリヘル店が女性への本番行為を固く禁止しています。
また、ダメだとわかっていてもつい誘ったり強要したりしてくるお客さんのかわし方を指導しています。
中には、見て見ぬふりをする店や、それあたり前としている悪質なお店もありますので、注意が必要です。

どんなお客さんがどんなふうに禁止行為へ誘ってくるの?

冒頭でお話ししましたように、ダメだとわかっていてもついつい、禁止行為を口にしてしまうお客さんは少なくありません。
それでは、どんなお客さんがどんな風に誘ってきたり強要してくるのでしょうか?例をあげてみましょう。

ランク1 〜禁止行為を口にせず、マナーあるお客様〜 安心度:高

本番行為ができない事をしっかり理解しており、女性が嫌がる事もしっている為、禁止事項を口にする事がなく、マナーよく遊びにくるお客さん

ランク1 〜ダメモトで軽い冗談っぽく聞いてくるお客〜 安心度:中高

プレイ中や会話の中で、「本番ってできたっけ?」などと軽〜く聞いてくるが、ダメですよぁ〜♪と優しく拒否すれば、「そうだよね〜テヘヘ」という感じで、特に何事もなかったかのように、楽しく遊んでいくお客様

このタイプは、最初からダメもとなので、比較的、楽にかわす事ができます。
基本、ほとんどのお客さんは禁止行為だとわかっているので、普通に引き下がります。

ランク2 〜しつこく誘ってくるタイプ〜勘違い系〜 安心度:中

たまにですが、一度断っても何度もしつこく、本番行為に誘ったり、強要してくるお客さんがいます。

このようなお客さんの場合には、お仕事にも慣れ、自身で上手に断わる事ができればなんら問題はありませんが、まだ慣れていない場合や、押しに弱い女性、断るのが苦手な女性の場合には、「禁止されているので大丈夫かどうかお店に確認してみますね!」と伝えたり、わざとに電話するフリをすると、ほとんどのお客さんは引き下がります。
だって、「お店に大丈夫か聞いてみる」という事は、本番に誘われている事をお店に言いますね!といっているのと同じ事ですから^^
そのように断って普通にサービスが終り、次の指名に繋げられれば尚良いですが、逆に、空気が悪くなったり、接客しにくくなるような良くないと感じたお客さんは、きちんとお店に事情を説明し、NG客にしてもらう事もできます。

ランク3 〜しつこく誘い、なかなか諦めないタイプ〜隙があればしたい系〜 安心度:低

ホントたまにですが、何度断っても断っても、諦めず、しつこく本番を要求してくるお客もいます。
このようなお客の場合には、下記のようにしっかりと断りをいれ、もし身の危険を感じたら、即座にお店に電話をしましょう。

「禁止されているので、お店に確認してみますね」
「わたしはどうしてもできないので、本番できる子がいるかきいてみますね」
「本番できる子がいるか、チェンジできるかお店に聞いてみますね」

プレイ中にしつこく強要してくる場合には、場の雰囲気は無視し、プレイを中断し、目を見てしっかりと真顔で、「わたし、何度もダメだと言ってますよね?」と伝えて下さい。ほとんどのお客は、ダメよダメよも好きのうち…だと勘違いしている人も多いので、プレイを止め、真顔で怒っている事を伝えると、ほとんどの人が引き下がります。

しっかり伝える事が、Arc旭川風俗求人センターの義務

当店でいうお客様とは、規定の料金を支払い、法令やお店の規則に則ってマナーよく、遊びに来て頂ける方をお客様といいます。
ですので、極度にマナーがわるかったり、禁止事項をしつこくせまったり、女性に嫌な思いをさせる規則を守れない人は、お客様とは考えておりません。
もちろんそんな事はめったに起こらないのですが、万が一、そのような事があったら、きちんとお店に報告してNG客にするなどの対処をしてもらう事をオススメします。
※お店には禁止行為に違反した人は、高額な罰金やお店への出入り禁止など、厳しい罰則があり、利用者もそれを知っているので、まずそういう事は起きませんが、0ではありませんので、しっかりとお店のマニュアルを守る事が大切です。

今回の記事を読んで、「え〜こわいな…」「不安だな…」と思った方もいるかと思います。
未経験や初心者なら当然ですね^^
でも、デリヘルを含む、風俗のお仕事を紹介する求人サイトだからこそ、良い事ばかりだけではなく、リスクや注意点もしっかりお伝えする事が私達の義務であると考えています。

よく見かけませんか?
○○万円保証、高級マンション完備などなど、良い事ばかりを連ねているだけの求人サイト。
そんなの信用できないですよね^^

まぁ、今回は少し大げさに書きましたが、実際はそんなマンガやAVみたいに、強引な人もいませんし、キケンを感じる事は少ないと思います。

だって、よく考えて見て下さい。
利用するお客さんだって、ただ好みの女性との時間を楽しみに、逢いに来ているだけ、また当店は日中がメインという事もあり、ほとんどの人はニコニコ笑顔^^
マナーあるお客さんがほとんどです。

追記:お仕事に慣れベテランな人気嬢の中には、そんなお客すらも手玉に取り、上手に指名客に変えちゃう強者もいるんです^^

-more-

続きを読む

ツンとデレを上手に使い分けてチラ見せでオトコゴコロをノックアウトせよ!

こんにチワワ。本日のもっちゃん的稼げる指南書の時間です^^
さて、先日から、お客様を喜ばせ、デリヘルのお仕事で高収入を得るためには、テクニックやサービスよりもお客様との接し方が重要であーる!とお話しておりますが、本日も引き続きオトコゴコロをくすぐり高収入につなげるコツ?的なお話をしたいと思います。

さて、、「ちょっとだけよ〜?」
男性はこの言葉というかフレーズに弱いというハナシ…^^
チラッと見える胸元や、チラッと見えるパンチラにオトコゴコロは、、キュン♥
いきなり、、なんの話だよ〜!?って感じですが(笑)コレ大事♪

見せるつもりはないのに、見えちゃってる〜…みたいなのが、オトコゴコロを強烈にくすぐるようです。
だからと言って、パンチラを推奨するわけではありません。

ココで言いたいのは、「チラ見せ」が、オトコゴコロをくすぐるんだぞっ!という事です。
それは、下着に限った事ではありません。

よく耳にする「恋愛には、ギャップが効果的だ」とかいうのも、同じ事が言えます。

いつもは見せない一面を、何かの拍子にチョットだけ見せてくれるからこそ、男性はドキっとするんですよね。

雑誌やネット上なんかでも、たびたび目にする、「男性がドキっとする、女性の仕草ランキング!」などでランクインされているもの。

例えば、女性が髪をかき上げる仕草とか。
髪を耳にかける仕草とか。
しゃがんだ時に、胸元がチラッと見えるとか…。
でも、乱用しすぎには気をつけて下さいネ!
引かれる可能性もありますから^^

相手の男性が「甘えん坊な女性が好き」と言っていても、なかなか甘えん坊キャラには、なれない女性だっていますよね。
貴女がいつもシッカリ者でビシッとしている女性だったら…
「あー私とはタイプが違うなぁ」なんて諦めちゃうかもしれません。

でも諦める必要はナシ!
そして、甘えん坊キャラになる必要もナシ!

こういう女性が、ちょっとした会話の中で、「私こう見えて、男性に甘えてみたくなるときもあるんですよね〜」とか、ポロっとこぼすだけでも、男性からしてみれば嬉しいものです。

「こんな女性も、そんな風に思ったりするんだぁ♪」と、可愛く思えちゃうようです。

少し前に流行った言葉で「ツンデレ」というモノがありますが、これも、いつもツンツンしている女性が、たま〜に「デレ」の部分を見せるからこそ、男性は心を奪われるんですよね(笑)。

「デレ」の部分が好かれるからと言って、ずっとデレデレしていたら、

それは男性の目には魅力としては、うつりません。
チラ見せするからイイのです。

まぁ、どちらかというと、やっぱり甘えん坊や、イチャイチャ系、ちょっと天然な女性の方がオトコゴコロには、グッとくるようですが…^_^;
ほら、男性って女性からしたら、えぇぇ!って感じちゃうくらい違和感のあるブリッコな女性が好きじゃないですか^^

男性が言う「こういう仕草が好き」とか「こんな女性が好き」というのは、

「たまに見せてくれるからイイ」「ちょっと垣間見えるくらいがイイ」

という意味合いも含まれているんですね。
チラ見せ効果を利用して、恋愛上手、お仕事上手になりましょう♪

-more-

続きを読む

サービスよりも重要?!会話のチカラ〜「本当のコト30% 作った自分70%」〜

こんにちわっしょい♪さっき、久しぶりに会社に顔をみせた上司に…「もっちゃんの笑顔って、実はかなり可愛いよね」なんて言われちゃって…テンション高めのもっちゃんです♪

いや〜その一瞬交わした一言の会話で、こんなにも人の心が揺らぐとは〜♥すごーい威力を秘めていますよネ♥もーメロメロ♥

はい、今回は前回に引き続き「会話」のお話をしたいと思います。
どこのお店でも当たり前にあるサービス自体よりも、絶大な効果を発揮し、お客様を呼ぶ力があるのがこの「会話」です。

多少、容姿に自信がなくても、貧乳でも、ぽっちゃりでも、この会話を上手くコントロールできれば、間違いなく、貴女もしっかりと高収入を稼ぐ事ができます。

男性との会話において、よく言われるのは、「聞き上手になれ!」というものです。

風俗店の新人講習なんかでも、「お客様の話を上手に、しっかり聴けるようになりましょう」などと言われる事も、少なくないと思います。

ただ「聞く」のは、そう難しい事ではなですし、、わりと皆さんできていると思っています。
だって相槌打って、笑顔で聞いていればイイだけですから…

もちろん、追求していけば、それだけじゃダメなんですが。
上手に相手の話題を膨らませてあげたり、気持ちよく話せるように、「興味ある風」に聞いてあげたりと、上手な会話には様々なテクニックもあります。

ですが、大切な事は、「聞いているだけじゃダメ」という事なんです。
それは簡単に言うと、、、、「話し上手になれ!」という事です。

始めてついたお客様に対して、よくあるだろうと思われる会話。

「今日はお仕事だったんですかぁ?」「どこにお住まいですかぁ?」「今日は何食べたんですかぁ?」などなど…。
まぁ、会話っていうか尋問ですね、これじゃ(笑)。

お客様のお話は引き出す事はできるかもしれませんが、貴女の事を印象づけるという点では、これではあまりよくりません。オリジナリティも出ませんよね。

風俗業界で働いていると、女性達は、「できるだけ自分の事は、話したくない」とか、「素性バレるの嫌だなぁ」とか思ってしまい、自分の事を話さなくなる傾向にあります。
それも、仕方のない事かなとは思います。

ですが、やっぱり男性だって、貴女の事が知りたいんです。
気になって呼んだ、好みの貴女の事が知りたいんです。
どんな女性なのか、というのを知りたいんですよね。

また、あまりにも自分の話をしてくれない女性に対しては、「警戒されてるのかな?」とか「心開いてくれてないんだな〜」なんて、壁を感じてしまう事もあるようです。

逆に、自分の話をたくさんしてくれる女性に関しては、「信用してもらってるのかな?」なんて、それだけでも嬉しくなってしまうようです。

ただし、自分の話ばっかりになってしまうのも、困りものですよね。

そんな時には、自分の話プラス問いかけスタイルで、会話を繋げていきましょう。

本当の事を言わなくてはいけないという事ではなくて、ただ全部ウソだと、話のつじつまが合わず、変にバレてしまっても気まずいだけですので、本当の事をちょこっとプラスして、、あとはお店用に作ったキャラどおりに話を繋げていくと良いと思います。

本当のコト30% 作った自分70%うらいで良いと思いますよ。
「私は、2人姉妹でいつも喧嘩ばっかりだったんだけど、○○さんは兄弟は?」といった風にね。

そうすれば、貴女の事分かりますし、男性の話も引き出す事ができて、一石二鳥ですね。

ちなみに、お店では全て事実を話す必要はないんです(笑)。
話しても問題ない程度の内容だけで大丈夫!

間違っても、住んでいる場所の詳細とか、出身学校名とか…そういう類のものは話さないようにしましょうね。

-more-

続きを読む